へんじんもっこ おかんブログ

へんじんもっこの食いしん坊看板おばさんの雑記帳。我が家の晩ご飯。へんじんもっこのサラミの食べ方。庭で育てたハーブやハーブティー。アロマで作った色々。

ハーブとアロマ

元気に顔をのぞかせたハーブ達

久しぶりに庭を散策してみた

今年も元気にハーブ達が顔をのぞかせていました
2015-3ワイルドストロベリー
ワイルドストロベリー

2015-3ルッコラ
ルッコラ

2015-3ミント達
ミント達

2015-3レモンタイム
レモンタイム

2015-3ラムズイヤー
ラムズイヤー

2015-3ルバーブ
ルバーブ

2015-3レモンバーム
レモンバーム

2015-3フレンチタラゴン
フレンチタラゴン

2015-3チャイブ
チャイブ


可愛いなぁ~ 健気だなぁ~ 

乾燥で掻きむしった足が アロマジェルで♪少しもらららららら~♪


アロマアドバイザーになってからも教室に通って
フォエイシャルスキンケアコースをとっている
鎮掻痒作用ジェル



冬乾燥すると膝下から足首まで痒くなる
今年はひどいので鎮掻痒作用のある精油をブレンドしてオイルを作った

お風呂に入って温まると凄く痒い
ちょっとだけって思って掻くと
もうたまらなく痒くって掻きむしる
そしたらお湯がしみてピリピリして又痒くなる
どうしようもないこの痒み
そしてか細い足が
むくんでる
ぎゃぁ~
これあたしの足じゃない~
痒みで腫れた足




そうだ
私の大好きなジェルでブレンドしてみよう

パルマローザ
ローズウッド
ラベンダー・スピカ
カモマイル・ジャーマン

丸一日経って入浴タイム
ドキドキしながら入ってみる

あらま
♪少しも痒くないわ~♪
何と言うことでしょう
浮腫みもすっかりとれてます 
うっとり

なぜ早く思いつかなかったのか
あの痒さに耐えた日々はなんだったのか


今回の体験で学んだこと
私の場合が特別な体質だったかどうかわからないが
人それぞれ合う合わないがあるように
オイルよりもジェルの方が自分には合うことがわかったこと
これからはジェルにブレンドして
自分の体で自己責任において実験してみたいという思いに至った

もし私がビックリするくらいに
若返ったら
(まだ23歳ですが)
アロマのこと聞いてください




そばにいてくれるだけでいい

ただそこにいて元気にしているだけで

私を幸せな気分にしてくれる

ハーブ


元気に越冬しているバジル三兄弟

おなじみのスイートバジル
スイートバジル



いわれ高いホーリーバジル
(いわれを忘れたのでご存じの方教えてください)
ホリーバジル
 


ブッシュバジル
ブッシュバジル


 

レタスバジルは越冬し損ねちゃいました



お花が好きな人

樹木が好きな人

多肉植物が好きな人 

山野草が好きな人

ハーブが好きな人


みんなきっと

大好きな物に触れると幸せを感じるんだろうな


 

ローズマリーちゃんの挿し木

ローズマリーちゃんの挿し木

ローズマリー挿し木鉢

ローズマリー挿し木這性

ローズマリー挿し木木立性
この子は木立性
 
我が家の庭の中で一番沢山あるハーブ

挿し木でもどんどん増える

路地植えにしたら大きくなって育てやすい



あたしは何故かこのこが大好き

朝、さっと触れて香りを嗅いで元気をつける


アロマを学んで知ったこと

香りが鼻孔からインパルスにより脳の大脳辺縁系の自律神経系、内分泌系、免疫系に

ダイレクトに伝わり心身のバランスを保ちます

抗酸化力に富むため「若返りのハーブ」、血液循環を促進し記憶力を高める

お肉の臭み消しに使ったり、フォカッチャにも入れますね



好きすぎて名前を呼ぶとき「ローズマリーちゃん」って呼んじゃいます



 

寒くなったら気を付けましょう、風邪予防にハーブティー

ブログネタ
寒い日、いちばん気をつけることは? に参加中!
ブレンドハーブみどりさん

1月というのに暖かい(冬にしては)日が続いていました。
急に気温が下がると
喉が痛くなったり、咳きが出たりしませんか?
古傷がいたんだり(笑)

そんなときは早めに免疫力をUPしたり、
体が温まるハーブティーをブレンドして
風邪を予防することが一番かと思います。

今日のブレンドは

☆カモミールジャマン☆
母の薬草と呼ばれる、消炎、鎮痛、鎮静作用があり
ブレンドで効果が高まります

☆ネトル☆
マルチサプリハーブと言われる、鉄、カルシウム、ビタミンC,葉酸、
βーカロチン、カリウムなどが摂取できます

☆ルイボス☆
抗酸化力抜群、緑茶の50ばい、ビタミンC豊富なローズヒップなどと
ブレンドするとよリ抗酸化力UP

☆エキナセア☆
つらいとき守ってくれる免疫力ハーブ、抗生物質のような使い方で
自己免疫疾患の方は避ける

☆メデゥスイート☆
アスピリンの素、痛みや熱を緩和する優れもの

☆エルダーフラワー☆
万能の薬箱、コーディアルで人気のハーブ、風邪のひきはじめに

☆ハイビスカス☆
赤い元気ハーブ、クエン酸、ハイビスカス酸、ビタミンCや豊富なミネラル、咳止め、利尿に

☆ローズピップ☆
フラボノイドのおかげでビタミンCの吸収力が高い、ビタミンEも豊富

☆ローズ☆
花の女王、幸せな、癒される、自信がつく高揚感のある香り、
鎮静、緩和、収斂


暖かいハーブティーを飲んで体温を上げれば、
それだけでも免疫力UPに繋がりますよ~ 

寒さが苦手なハーブを室内に移動


ゼラニウム・バジル冬の苦手なハーブ


先日冷たい雨が降って、強い風が吹いて
ハーブ達が凍えそうになりました。

寒さに強く路地で元気に越冬するハーブ達もいれば
寒いの苦手で消えてしまうハーブもいます。

寒いの苦手なハーブは室内で越冬させます。
我が家のレモングラスやゼラニウム系のハーブは鉢のまま工房の廊下に移動しました。

ついでに、冬の間に使いたい
キッチンハーブのチャイブやパセリなども
鉢に移し替えて室内に入れておくと便利です。

雪が積もって畑に行けないときに役立ちます。

子供も喜ぶ実のなる木

6-1ワイルドストロベリー
沢山のワイルドストロベリーが実りました
かわいい人達に食べて貰うのを待っています

6-1ブルーベリー
ブルーベリーもすずらんの様な花が咲いて
次々に実をつけています
7月の終わりには紫色の甘酸っぱい実を収穫出来ます

6-1ジュンベリー
こちらはジューンベリー
6月に熟することからジューンベリーと名付けられたとか
甘くて美味い
親父とあたしと鳥が競争して食べるベリーです

6-1ブラックベリー
ブラックベリー
苺のような可愛いお花
果実は名の如く真っ黒です
小さいつぶつぶがまあるく並んで熟した実は
そのままでも美味しく
ジュースにして炭酸で割ったり
コンフィチュールにしたり
ヨーグルトにもよく合います
8月
ブルーベリー狩りが出来ますよ

6-1レッドカーラント
レッドカーラント
小さな実
赤く熟したら
酸っぱい顔してたべられます
ゼリーの飾り付けに

今日も実のなるハーブのために
草取りがんばるっし 

咲き出しましたモッコウバラ

DSC01678
待ちかねていた黄モッコウバラが咲き出しました。
今年は春先に強剪定したのでどうかな?
って思っていましたが
そこそこ蕾が付いてアーチにふんわり葉をしげらせています

DSC01675
ほかのバラ達もそれぞれ蕾をつけ始め
毎日蕾を探すのが楽しみです
バラが咲き始めたら、楽しみが大きすぎて
あたくしの小さな胸がはち切れそうです

DSC01683
ワイルドストロベリーが花壇いっぱいに咲いています
花壇を占領されたって感じです
小さくて中まで真っ赤な実が
とてつもなく甘くって、この実で作るコンフィチュールは
独り占めしたくなります

DSC01687
ジューンベリー
名前のとおり6月に熟すベリーちゃん
今年も沢山花が咲きました
沢山実をつけてくれています

DSC01689
こちらはレッドカーラント
甘酸っぱい
ゼリーの飾にとっても可愛いです

DSC01696
石垣のレモンタイムは今が花盛り

DSC01693
ローズマリーも花盛り

DSC01698
小蔭ではシックに咲いています
名前何だったかな?

バラが沢山咲いたら
仲良しさんと花を愛でながらお茶するのを楽しみにまっています
綺麗に咲いてね!


こんにちは!庭のハーブ達

マンゴーソース・ワイルドストロベリー・バジル
ワイルドストロベリーのソース


ワイルドストロベリーの花
ワイルドストロベリーのお花
赤い実をつける
小っちゃいけど とっても甘くておいしい
ヨーグルトもお供に欠かせない女王です


ミント3-24
冬の間屋内に避難していたミント
元気に青々と茂っています

ここんとこ、胃腸が弱ってる感じがするので
お番茶にミントを一枝いれてミントティー

やさしい香り
一枚食べてみると あんまり味しないぞ
種類なのか?太陽に当たってないからか ?
次は違うミント にしてみよう
レモンバーム
レモンバームも若い芽が沢山出てきた
これでレモン味のティーが飲める~
楽しみ~

夏のリラックスティーに欠かせないもう一つの立役者
レモンタイム
匍匐性のタイム

レモンタイムの花2
こんなに可愛くお庭を飾ってくれるレモンタイム
心がうきうきして来ます 初夏が待ち遠しい
お庭でお茶したい方はご予約くださいね てへ

レモンバーム・レモンタイム・レモンバーベナ(又はレモングラス)
リラックスタイムの三種の神器
私の中では最強トリオ又はカルテットなのだ



セントジョーンズワート3-24
オイルに成分を抽出して
昨年 あたしの膝の痛みを緩和してくれた
セントジョーンズワート
今年はどんな風に活用出来るかな?



この冬は雪が少なかったので
初めて
フレンチタラゴンの越冬に成功!
新芽がたっくさん出てるのを見つけて
思わずヤッタ~
越冬したフレンチタラゴン
冬に種をこぼしておいたルッコラの芽も出て
楽しみ倍増



チャイブの芽3-24
良い子のチャイブの芽もでていますよ
コネギのようにも使えるし
ピンクのポンポンになって咲くお花も食べられる
彩りも綺麗だし
ちょっとピリッっとして サラダのアクセントにもなります
お友達の皆さん良かったら株分けいたします
こんなお花です
チャイブ花

膝の痛みがなくなったので
今年はお庭の手入れがんばりす
ハーブのみんな 宜しくね

 

<ハンガリウォーター>ローズマリーの素敵なお話し

我が家のローズマリー数種類ありますが、匂いがキツイので使い道に困ってた
いつからか朝出勤するとき、ローズマリーに触れると元気が出るので好きになった。
可愛いローズマリーちゃん
ハーブ教室に通うようになって、以前より活用できるようにもなってきた。
ローズマリーにはいくつかの素敵なお話しがあります。
一番好きなのを今日は紹介します。

ローズマリー


                              ☆☆☆
14世紀、ハンガリー王カーロイ1世の王妃エリザベートⅠ世は、
70歳を過ぎるころから老齢のために健康を害していました。
ところが、
僧院から献上されたローズマリーとライムをアルコールに漬けて抽出した治療水を使ったところ
みるみる若返って健康を取り戻し、
72歳の時に20代のポーランド王子からプロポーズされました。 
 このエピソードから、
ローズマリー水は「ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)」と呼ばれ、
若返りの水の別名を持っています。
後に、ラベンダー、ミント、セージ、マジョラム、モッコウ、ネロリ、レモンなども
加えられるようになったのですが、
ローズマリーが若返りに効果を発揮することを紹介している
エピソードの1つとして知られています。 

☆☆☆

ローズマリー花2

ねっ、素敵でしょ。
真っ直ぐ空に伸びるタイプや、しだれるタイプ
お花も白・ブルー・ピンクと様々
冬でも青々と元気でいてくれます。


 
ギャラリー
  • <褒める> キムタクのお母さん講演会
  • キムタクのお母さんの講演会
  • おかんは休まずお店にいます
  • 元気に顔をのぞかせたハーブ達
  • 元気に顔をのぞかせたハーブ達
  • 元気に顔をのぞかせたハーブ達
  • 元気に顔をのぞかせたハーブ達
  • 元気に顔をのぞかせたハーブ達
  • 元気に顔をのぞかせたハーブ達